肥満を改善する奇跡の情報|ダイエットの盲点発覚

医者

骨の病気は若い人に要注意

女性

骨にできるがん

骨肉腫は骨のがんのことで、膝や肩の関節部分にあらわれることが多いです。症状としては痛みが続き、次第に腫瘍が大きくなっていき他の部位へ転移する可能性も出てきます。骨肉腫と診断されたら腫瘍を取り除く手術が行われますが、現在ではできるだけその部分を切断せずに取り除く方法が行われるようになりました。これも骨肉腫の進行状況によって変わってしまいますが、抗がん剤と同時に治療していくので効果も期待できます。骨の一部を取り除いた後は、人口の骨でその部分を埋めていくことになります。病院によってこの再建方法にも違いがありますが、リハビリにも力を入れているので回復できる環境が整われています。骨肉腫を悪化させないためにも、まずは症状に気づいたら病院で診てもらうようにし、実績のある専門病院で治療を受けていくことが大事です。

少人数の若者に発症

骨肉腫は、10代から20代半ばまでの人に集中して発生してしまう病気です。原因はよく分かっていませんが、成長過程における骨の痛みやスポーツなどで痛めたと勘違いする人もよくいます。日本では年間に約200人の人が発症してしまう報告があり、その人たちもほとんどが若い人になります。患者の数はそこまで多くはありませんが、骨のがんとあって将来的にも心配される病気です。しかし、医療の進化で患者への肉体的負担をだいぶ減らせるようになってきました。治療後の状態も昔と比べて生存率も高くなり、リハビリによって発症前のように問題なく生活ができる人も多くいます。ただし、これも早めに治療に取りかかれたことや病院の治療の技術にもよるので、全ての人が支障のない生活を送れるという訳でもありません。10代や20代の若い人は病気に対する知識もあまりないため、家族やその周りの人が早くに気づいてあげなければいけません。